ジャン・フォートリエの技法 Jean Fautrier NHK学園くにたちオープンスクール 春期定期講座「新しい表現にチャレンジ」

今期(春・夏期2018)、私が講師を務めるNHK学園くにたちオープンスクールの定期講座「新しい造形表現にチャレンジ」では、フランスを代表するアンフォルメルの先駆者である画家ジャン・フォートリエ(Jean Fautrier) を取り上げ、その技法をやっています。
パリ市立近代美術館では2018年1月26日ー5月20日までフォートリエの企画展を開催していて、4月に現地で私が撮ってきたフォートリエ作品をプロジェクターでご紹介し、フォートリエの人生とアンフォルメルとは何かの講義から実技ではそのマチエール(絵肌)に焦点をあて、実際にセメント等を使いその塗り壁の様なマチエールがどの様に出来るのかを私がデモンストレーションし、受講生に実践して頂いています。

以下Photos : 4月にパリ市立近代美術館にて私が撮影してきた写真一部。
講座でスライドショーでご紹介した写真の中から。
©️Uran-AsakoK.




パリ市立近代美術館
ジャン・フォートリエ「光とマチエール」展
会場入口








ジャン・フォートリエ Jean Fautrier




会場は初期の作品からアンフォルメルの先駆者といわれるようになった作品
まで年代とテーマ毎に紹介され、かなりの量がありました。
ここまでフォートリエの作品をまとめて見た事がなかったので、興味深いものでした。




























































人質シリーズの中から













後半はアンフォルメル(不定型)の作品がズラッと並んでいました。






















©️Uran-AsakoK.

月暦絵日記ーインスタグラム, Dairy paintingーInstagram

2018. 03.25  絵日記、二冊目終わりました👏
絵日記としてこのような冊子形は2冊目、その前にはアルシュ紙や水彩用紙、キャンバスに描いていました。
昨年7月から、1日1枚 dairy work (dairy painting)として絵日記を描き、インスタグラムにアップし続けてきましたが、今年2月からは、月暦にも描くことになり、月暦と関連した絵日記と1日2枚描いてアップし続けています。
しっかし、よく続いているなと我ながら思います。
他の制作や仕事をしながらですから、結構大変ですが、毎日コンスタントに続ける手作業が写真作品などの他にあるととても良いようです。
この月暦&絵日記は今までの分はすでにブック(作品集)にしたりしていますが、一年間は続けて、すべてまとめて作品集にする予定です。

よかったらご覧になってみてください。もちろんフォロー&いいね👍して下さると嬉しいです。
インスタグラムの絵日記専用アカウント: uran_reve_dream ↓




一冊終わった月暦&絵日記↓






以下は一例ですが、
3月19日の月暦↓に書かれている言葉は、「三日月」Crescent Moon

”たくさんの物語や歌に登場する有名なお月様。やっと姿が見え始めてきましたね。”

と書かれています。月の満ち欠けが分かるのはもちろん、この毎日月暦に書かれている言葉がなかなか面白く、昔からの月の呼び方や日本の風習、季節の行事などが書かれていて勉強になります。
その言葉からイメージした絵(イラスト的な)を月暦に、そして、その言葉(例えば19日は三日月)からのイメージ、もしくはその日のイメージを抽象的に絵日記に↓書いています。


2018年3月19日の月暦に描いたもの↓






この日の「三日月」というイメージで描いた絵日記↓











Photos©︎Uran-AsakoK.
Uran-AsakoK.©droits réservés.