「Karel Appel」Musée d'Art moderne de la Ville de Paris  「カレル・アペル」パリ市立近代美術館

2017/03/23

Musée Guimet のKIMONO展の後、近くのパリ市立近代美術館へ。
木曜日は夜10時まで開館しているからです。
「Karel Appel カレル・アペル」展をみてきました。
私はアーティストカードでどちらも入場はフリーパス。
カレル・アペルは、日本の私の短期講座で今度する予定のピエール・アレシンスキーと、Cobra コブラという前衛芸術家グループで同じ一員でした。
なので、アレシンスキーの事も紹介されていて、必ず行きたいと思っていた展覧会でした。Cobra コブラに関する本もあり、手に入れる事ができて良かったです。
カレル・アペルは、まとまった展示をみたのは初めてでしたが、なかなか迫力がありました。

パリ市立近代美術館のHP ↓Musée d'Art moderne de la Ville de Paris
http://www.mam.paris.fr/fr/expositions/exposition-karel-appel




Karel Appel カレル・アペルの展覧会チラシ。
猫がうつっているだけで
ぐーっと好印象になってしまうのが猫好きというもの。






































右上の題名は Chien 犬






カレル・アペルの作品は、近くで見ると筆跡や絵の具の盛りなど迫力があり面白い













制作風景のビデオ・・・激しい・・




































髪の部分にコラージュ






























Photos : © Uran-AsakoK.



Exposition「KIMONO」Musée Guimet, Paris.   「KIMONO」展 ギメ美術館, パリ

2017/03/23
Musée Guimet  ギメ美術館 で開催中の「KIMONO」展をみてきました。
1611年創業の松坂屋が誇るコレクションを紹介し、着物の歴史と着物が日本とフランスのファッションに与えた影響と経緯を紹介する展覧会で、江戸時代の小袖のコレクションは見応えありました。
パネルの解説に日本語もあったのが詳しく分かって良かったです。
会場はたくさんのフランス人で賑わっていて、関心の高さがうかがえました。

 Musée Guimet  ギメ美術館 のHP ↓↓
http://www.guimet.fr/fr/expositions





































文字が書いてある小袖














現代における着物に影響をうけた表現



















 












「KIMONO」展を後にして、常設展示へ




















日本の埴輪もあります


よく仏像に似ていると言われるので・・・



ミュージアムショップで招き猫のマグカップを買いました。
猫好き仏人の知人へのプレゼント








Photos: ©Uran-AsakoK.